Androidのテキストボックスの例

Androidでは、 "http://developer.android.com/reference/android/widget/EditText.html[EditText]"クラスを使用して、編集可能なテキストボックスを作成してユーザーの入力を受け入れることができます。

このチュートリアルでは、XMLファイルでテキストボックスを作成する方法を示し、テキストボックスに入力されたメッセージを表示するためにキーリスナーを使用する方法を示します。

P.SこのプロジェクトはEclipseで開発され、Android 2.3.3. でテストされています

1. EditText

" res/layout/main.xml "ファイルを開き、 " EditText "コンポーネントを追加してください。

ファイル:res/layout/main.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout__width="fill__parent"
    android:layout__height="fill__parent"
    android:orientation="vertical" >

    <EditText
        android:id="@+id/editText"
        android:layout__width="match__parent"
        android:layout__height="wrap__content" >

        <requestFocus/>

    </EditText>

</LinearLayout>

2.テキストリスナーを編集する

アクティビティの `` onCreate() `"メソッドの中にキー・リスナーをアタッチし、次のイベントを監視します。

  1. 「入力」を押すと、メッセージが入力されたフローティングボックスが表示されます

"EditText"ボックスに入力します。

  1. 「番号9」が押された場合、メッセージ「Number

9が押された! "

File:MyAndroidAppActivity.java

package com.mkyong.android;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.view.KeyEvent;
import android.view.View;
import android.view.View.OnKeyListener;
import android.widget.EditText;
import android.widget.Toast;

public class MyAndroidAppActivity extends Activity {

 private EditText edittext;

 @Override
 public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
    super.onCreate(savedInstanceState);
    setContentView(R.layout.main);

    addKeyListener();
 }

 public void addKeyListener() {

   //get edittext component
    edittext = (EditText) findViewById(R.id.editText);

   //add a keylistener to keep track user input
    edittext.setOnKeyListener(new OnKeyListener() {
    public boolean onKey(View v, int keyCode, KeyEvent event) {

       //if keydown and "enter" is pressed
        if ((event.getAction() == KeyEvent.ACTION__DOWN)
            && (keyCode == KeyEvent.KEYCODE__ENTER)) {

           //display a floating message
            Toast.makeText(MyAndroidAppActivity.this,
                edittext.getText(), Toast.LENGTH__LONG).show();
            return true;

        } else if ((event.getAction() == KeyEvent.ACTION__DOWN)
            && (keyCode == KeyEvent.KEYCODE__9)) {

           //display a floating message
            Toast.makeText(MyAndroidAppActivity.this,
                "Number 9 is pressed!", Toast.LENGTH__LONG).show();
            return true;
        }

        return false;
    }
 });
}
}

デモ

アプリケーションを実行します。

{空} 1。テキストボックスの中に何かを入力し、 "enter"キーを押してください:

アンドロイドテキストボックスデモ1、タイトル= "android-edittext-demo1"、幅= 318、高さ= 480

{空} 2。キー「数字9」が押された場合:

アンドロイドのテキストボックスdemo2、タイトル= "android-edittext-demo2"、width = 318、height = 480

ソースコードをダウンロードする

ダウンロードする - Android-EditText-Example.zip (15 KB)

参考文献

EditTextの例]

リンク://タグ/アンドロイド/[アンドロイド]リンク://タグ/テキストボックス/[テキストボックス]